試合に行こう
運営スタッフのつぶやき
Hyokkyです。

3月13日の福山市議長杯シングルスで試合会場の運営スタッフを
やらせていただきました。

大会を運営する上で、気になった点がいくつかあったので、
あらためて試合会場での流れを書いてみます。

①受付
 試合会場には運営本部がありますので
 試合時間の20分前までに試合ができる服装で受付を済ませます。
 受付の時には、
 「男(女)子 ○級の○○です」
 と、エントリーしているクラスと名前を伝えましょう
IMG_1636.jpg

*ドロー発表後に都合が悪くなり、試合に出られなくなった場合は、
  前日までに主催者もしくは、当日、試合会場の運営スタッフに連絡をしましょう
  連絡先は、ドローの表紙に書いてあります。
  (無届け欠席を年間二回行った場合、
   一年間福山市テニス協会主催の大会には出場できません)
IMG_1681.jpg



②コートの確認
 受付を済ませたら、オーダーオブプレー表で自分の試合が何番コートに入るのか?
 を確認します。
 決して、運営スタッフに
 「私の試合は、いつ、何番コートに入りますか?」 と、尋ねてはいけません

IMG_1637.jpg

③ボールの受け取り
 オーダーオブプレー表を見た時に、自分の名前が
 「左側」もしくは「上側」に書いてあったら試合用ボールを受け取ります。
 「○○ですが試合番号○番のボールをください」と伝えましょう。
   「ボールをもらいに来たんじゃけど」だけでは誰が取りに来たのか判りません
 
④試合結果の報告
 勝者が本部に試合結果を報告します。
 ボールをオーダーオブプレー表と一緒にスタッフに渡します。
 その時に、「8-6(スコア)で○○が勝ちました」と報告してください。
 ボールのみをスタッフに渡し、「勝ちました」という報告では、
 誰がどんなスコアで勝ったのかが判りません。

IMG_1646.jpg

◎日ごろの練習の成果が実り、一回戦を勝ったら、後は②~④を繰り返すだけです。
青字で書いた部分は実際にあった会話です
運営スタッフも選手なので参加者全員の名前を知っているわけではありません。
せめて、自分の名前をまず言って欲しいな~と思いました。
このブログを読んだかたは、次に参加される試合から実践して欲しいと思います。

今週のブログは堅い内容になってしまいました

4月3日の尾道市シングルスに出場されるかたは、
赤字の部分をゼヒゼヒ実践してください。(あと、ごみは持ち帰ってね!)

勝ち負けも大事ですが「マナー」はもっと大事だと思うHyokkyでした。



スポンサーサイト